食べ物とバストサイズの関係

女性であれば胸が大きいのが普通ですが、昔からあまりにもサイズが小さく、女性らしい体型に見られないという問題を抱えている人が割と多くいます。

ボンキュート

この問題については、食べ物が関係していると指摘されています。

 

まず、カフェインが小さい胸を作り出す危険性について考えなければなりません。

 

考えてみれば、昔からコーヒーをよく飲んできた経験からして、それが原因で今の小さいサイズにおさまっている可能性があります。
コーヒーにはたくさんのカフェインが含まれていますが、カフェインには血管を収縮したり、身体を冷やす作用があります。あまり飲み過ぎると女性ホルモンの機能が低下して、女性らしい体型を作り出せなくなる心配について、よく考えなければなりません。

 

実際にスウェーデンで行われた実験において、コーヒーを1日に3杯以上飲む女性は、そうではない女性に比べるとサイズダウンの傾向が見られたことが判明しています。

 

ダイエットにはよさそうですが、それで女性ホルモンが機能しなくなり、胸が小さくなったのでは最悪です。これを防ぐには、コーヒーの1日の摂取量を少なく抑えるようにします。

 

次は避けるべきものではなく、積極的に取り入れたい食べ物についてです。バストアップ効果を持つのが、タンパク質になります。女性ホルモンの分泌を高めてくれる、大切な栄養素です。

 

タンパク質は鶏肉やマグロ、牛乳やチーズなどの乳製品、卵などに多く含まれています。また、同じタンパク質でも、大豆製品の摂取が重要です。大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つことで知られています。

 

大豆製品を苦手としていたので、これも小さい胸を作る原因だったのかもしれません。大豆製品を苦手とする人は、豆乳から始めてもよさそうです。他の食材と組み合わせると、食べやすくなります。納豆が苦手であれば、煮豆などでも構いませんし、枝豆にもイソフラボンがたくさん詰まっています。

大豆イソフラボンの40倍の効果を持つプエラリア入りのボンキュートがおすすめ!

バストアップに良い食べ物を毎日食べようと思うと、時にお金と労力を必要とします。そこでおすすめなのがバストアップサプリです。数あるバストアップサプリの中でも特におすすめなのが、お水と一緒に飲む必要がない噛んで食べるボンキュートです。

 

ボンキュートって聞くとなんか怪しく感じる方もいるかもしれませんが、ほんとに、ボン(バストアップ)となって、キュート(女度アップ)になっちゃうと口コミでも人気です。パッケージもかわいらしく、私はいつも鞄に入れて持ち歩いています。


いちばん上に戻る