胸が小さくても母乳の量に関係はない

ボンキュート

胸が小さいなどのコンプレックスがある女性の多くは、出産後ちゃんとたっぷりの量の母乳が出るか心配と悩んでいる方が少なくありません。

 

しかし、産後に出る量は胸の大きさは全く関係なので心配する必要はありません。
乳房は、そのほとんどが脂肪組織となっています。その為、胸の大きさと分泌量に関係はありません。

 

質が良く多くの量を出したいのであれば、妊娠中や産後に正しい指導を受けておっぱいのケアを行うことが大切です。母乳が出る仕組みは、プロラクチンというホルモンが乳腺に活発に働きかけることで生産をはじめ乳管に蓄えられます。

 

赤ちゃんが乳頭を吸う刺激により、母乳が出るという仕組みになっています。乳腺の発達や乳管の開通を良くしたり、しっかりとバランスの良い食生活を送ることが大切です。

 

妊娠後2ヶ月ほど経つと少しずつ乳腺が発達してきます。

 

安定期に入る頃から胸が以前よりも大きくなったと実感する方も少なくありませんが、この時期からおっぱいのケアを始めることで出産後に質の良くたっぷりの量を出せるようになります。

 

なかには、胸の大きさだけでなく乳頭が陥没していることなどが大きな悩みになりコンプレックスになってしまっている方もいますが、乳頭の陥没で悩んでいる方は乳頭マッサージを行うと効果的です。

 

乳頭マッサージを継続することで皮膚が徐々に柔らかくなってくるので、赤ちゃんが乳頭を吸いやすくなります。

 

また、乳頭マッサージの効果として産後の乳頭の裂傷などのトラブルを防ぐともできるでしょう。

 

しかし、お腹が張りやすいと感じていたり切迫早産の危険性がある方は、乳頭マッサージを行うことを控えることをおすすめします。

 

何よりも大切なのは、バランスの良い食事を摂ること

たんぱく質やビタミン、カルシウム、鉄分が多く含まれた食材を進んで摂り入れることが大切です。胸が小さいと母乳に影響するのではないかと悩んでいる女性もマッサージや食生活の見直しで悩みを解消できます。

断乳後のバストケアにボンキュート

妊娠〜授乳期は普段バストが小さくて悩んでいる人でも巨乳経験ができる唯一の期間です。

 

ですが、断乳後見るも無惨に胸は萎み、サイズも形も崩れてしまう人が少なくありません。

 

そんな悩みを解消する必須アイテムはボンキュートです。ボンキュートはプエラリアミリフィカ配合の食べるバストアップサプリです。

 

下垂したバストもつんと上向きになると口コミでも大人気のボンキュートは初回15日間無料、そしてなんと約4ヶ月の返金保証付きですからあなたも是非ボンキュートを始められてはいかがでしょうか?


いちばん上に戻る